体験ファームって何?

正式には「栽培収穫体験ファーム」といいます。横浜市が進めている栽培収穫体験ファーム事業によって開設している農園です。市民農園のひとつと思っていただければ結構です。

私たち農家の指導の下、初心者の方にも安心して、また家庭菜園などの
野菜作りの経験者にも満足していただける内容になっています。

  私たちの体験ファームの特徴は
 
 ★ 生産農家の栽培方法とほとんど同じやり方で栽培します。
    本格的な農園です。
 
 ★ 必要最低限の農薬は使用します。
   病害虫の発生は天候に左右されやすいものです。当農園では低農薬栽培を
   目指していますが、野菜の収穫量に大きな影響が出そうだと判断したときは
   農薬を使用します。農薬散布は共同作業日に行います。

 ★ 栽培する野菜の品目は農家が決めます。
   利用者が自由に作付けできる農園ではありません。
   といっても、特別変わったものではなく、キュウリやナス、トマト、
   ダイコンなど普通の野菜を栽培します。

 ★ 毎週土曜日に利用者に集まってもらい、共同で農作業を行います。
     山下農園は午前8時45分から共同作業をします。
     あまりにもお休みが多い方は、途中でも契約を解除することがあります。
    年間35〜40回の共同作業があります。用事で休みことになっても他の利用者が
     あなたの区画の作業も行います。お互いさまです。出席したときにはお休みの
     ひとの区画の作業もやってあげましょう。
     出席者があまり少ないと農作業の進み具合に支障がでますので、土曜日はできるだけ
     多くの参加をお願いします。

 ★ 共同作業前には、その日の作業の手順書を配って説明します。
   初心者の方にもわかりやすく、経験者の方でも満足のいく資料です。
   手順書は毎週配布します。一年間で60ページにも及ぶ貴重な資料に
   なります。作業日に休んでも次週にお渡ししますので、前週にどんな作業を
   したのかがすぐわかります。
    また、農家ならではの農政時事や野菜の豆知識なども紹介しています。

 ★ 利用料金には、一年分の肥料代、種苗代、資材代、農薬代、農産物代金     が含まれています。
  
  利用料金は、50,000円です。
    また、作業用のはさみ代金として、2,000円必要です(初年度のみ)
    
利用者は農作業可能な服装で来園ください。
    足元は「地下足袋」か「長靴(ぶかぶかでないもの)」でお願いします。
    足の裏で「大地を感じる!」には「地下足袋」が一番です。

 ★ 契約は4月から翌年の1月末までです。
    2・3月は次年度の畑の土づくりの準備期間となっています。
    契約の更新は可能です。

 ★ 農園にはトイレ、水道、物置、ビニールハウス(休憩所)を整備しています。
    農作業後に汚れたまま帰宅しなくてすみます。

 ★ 農園用の駐車場は台数に限りがあります。
    区画分の台数はありません。早く来た人順に駐車することになります。
    あとの方は路上駐車になりますが、路上駐車中のトラブル、事故等については
    当農園は責任は負いません。

トマトの管理作業



  2020年11月6日現在、 
3名の方がお待ちです。
  2021年度に空き区画がでれば2021.4から入園できます

      
    利用申し込みは、上記の特徴をよくお読みの上
    お申込み下さい
  
  
 
   
   当農園は、一度入園すると契約更新は何年でもOKです。
      年度末に契約を更新しない利用者が出た時のみ、「空き区画」が発生します。
      その空き区画に順番待ちの方が入園できるということです。

 
※6・7月のキュウリの収穫最盛期は、最低、週に3回来園し収穫していただくよう利用者の方々にお願いしています。横浜市の南部にお住まいの方で、農園まで時間がかかる方は、そのあたりのことを熟慮の上、お申込み下さい。ちなみに今までの平均収獲量は、6・7月の60日間で約600本、一日平均10本です。週に一度の収穫ではとてもキュウリの生長に追いつきません。

    
 ★ 横浜市民であることがご利用の条件です。
 ★ まずは「問い合わせ」でも結構です。
    ご利用希望の方は、FAXでお願いします。
       FAX番号 045−943−8817
   
 ★ 申し込みに際しては、次の項目を明記してください。
     
     1.お名前(ふりがな)
     2.年齢
     3.ご住所(〒も)
     4.電話番号(FAXもあれば)
     5.メールアドレス
     6.農作業体験(野菜作り)の有無
        ・初めて  ・1年程度  ・2〜3年程度  ・4年以上
     7.農園までの来園手段は
        ・徒歩   ・自転車   ・バイク   ・自動車
     
        
       

あなたも楽しく野菜作りを始めませんか
↓↓↓利用申し込みはこのページの下の方からどうぞ↓↓↓
 

作業手順書の説明