みいちゃんママのレッスンこぼれ話

<<前のページ | 次のページ>>
2005年6月28日(火)
横浜市都筑区・子供・小学生英会話『みいちゃんママの英語教室』
ママクラスで大きく進歩する秘訣とは?

★★ みいちゃんママのきれいな英語発音とフォニックスの秘密DVD 全10巻はこちら ★★

* みいちゃんママが専門としている フォニックスって何?





火曜ママクラスに、今日で総レッスン時間が100時間となられたママがいらっしゃいます。

今日は、とてもうれしい日です。

この方の特徴を少し列記してみましょう。

1.専業主婦ではなく、お仕事もしている。
2.家庭を持ち、優秀なお子さん1人を育てている。
3.PTAの役員として活躍中。
4.お菓子作りをはじめとして、お料理は得意。
5.フランス留学経験あり。
6.みいちゃんママの英語教室でのハロウィンコスチュームコンテストで、
お子さんが、2度チャンピオンに輝くほど、お裁縫、その他、ものづくり上手。
そのアイデアと創意工夫には、個性が色濃い。
7.何事に対しても、常に自分の意見を持ち、求められれば的確にコメントできる。

ざっと気がついた特徴だけでも、こんなにあります・・・。

みいちゃんママは、レッスンするたびに、
『有能とは何か?』と、いつも自問自答していますが、

このママと100時間をご一緒しながら、その答えのいくつかを見つけました。


秀でることができる人には、必ず下地として、
『何に対しても、自分から攻める!』 という姿勢が備わっています。
その姿勢は、何をするにつけ、常に保たれ、
その人の生きるエネルギーになっているようです。


エネルギーがありあまっているから、攻めにまわすのではありません。
まずは、攻めてみるのです。

こういうタイプのママは、正直、とてもレッスンしやすく、
教える側も、気持ちに張りをもち、安心して、少々難度の高い課題であっても、前向きにレッスンプランを計画実行できます。

すぐにあきらめたり、自分はダメだと決め付けたり、グジグジ停滞することはない方だ
という認識をこちらがしっかり持っていられるため、思い切ったレッスンを展開できるのです。


指導者と指導される側には、立場の違いから、すれ違いの起こる可能性が常にあります。

しかし、『完成された大人タイプ』のママである限り、そのすれ違いは、修復することが可能です。

だからこそ、100時間ものレッスンを積み重ねることができたのだと思います。

受身で一方通行のつまらぬレッスンは、
指導者と指導される側が共に、『そんなレッスンは許さない!』と肝に銘ずることにより、
回避することができます。
双方がそれを戒めとし、レッスンに臨むことが大切です。

とはいえ、双方共に、か弱き人間・・・。
時には好調。 しかし、時には絶不調!
ともすれば、安きに流れたい・・・と思うのが、普通ですよね。


ですから、もし、レッスンしていてつまらない、もの足りないと感じることがあれば、
両者で知恵を出し合い、共にしのがねばなりません。

指導者と指導される側が、共に本音でレッスンできてこそ、本当に効果もあがるというものです。


両者で攻めあってこそ、成功があると感じます。





みいちゃんママの英語教室TOPに戻る

体験・入会希望者向け 教室紹介 おすすめ英語教材 児童英語教師向け
みいちゃんママのメルマガ・ブログ・無料レポート フォニックス・英語発音・英語学習法 みいちゃんママの英語劇台本
リンク集はこちら
その他情報はこちら
←みいちゃんママの英語教室topへ | 募集状況 | 無料体験申込 | 地図 | 無料体験スケジュール | クーポン | お問い合わせ | はじめに | クラス&料金&テキスト | パーティー | ポリシー | きまり | 英語教室の賢い選び方 | おすすめ英語教材 | ハロウィン英語教材CD・DVD・絵本 | クリスマス英語教材CD・DVD・絵本 | 電子英語辞書の選び方 | レッスンこぼれ話 | プロフィール | おすすめ語彙力向上・英単語早覚えお助けサイト | おすすめ英語オンライン講座 | フォニックス | きれいな英語発音のコツ |  英語学習法 リスニングのコツ |  質問にお答えします | リンク1&2 | リンク3 | リンク4 | リンク集5 | 簡単相互リンク | サイトマップ | へんちょこりん指導語録 | 英語ことわざ集 | みいちゃんママ御用達ショップ | 英語教室経営ノウハウ | 子供をバイリンガルに育てる方法 | おすすめ無料レポート | みいちゃんママの英語劇台本 | 児童英語検定 | おすすめクリスマスプレゼント | バレンタイン英語教材 | 英語ゲームソフト | 英語文法教材 | 英語検定教材 | TOEIC教材 | 英語劇台本かちかち山 |