部会と事業内容
 
    
保全・田畑部会
(保全作業)
道具の使い方に慣れ、里山保全作業をします。                   

■月例活動 : 第1土曜日9時〜12時
■平日活動 : 毎週火曜・木曜9時〜16時(第3木曜は竹・木細工をします)
 港北ニュータウンの区画整理が始まった頃、茅ヶ崎町には約27ヘクタールの竹林があったといわれます。
 都筑中央公園北側にも人の手を離れた竹林が、雑木林を侵食しながらその面積を増やしておりました。 2002年からの活動のスタートは雑木林エリアに浸食したモウソウチクとの戦いでした。以後6年に亘る活動の結果、その姿は暗い『竹藪』からきれいに整備された『竹林』に変わりました。 竹林の整備と併行して、保全部会は自然体験施設として区画されたエリアについて、雑木林の間伐・下草刈・竹垣作り・実生の苗木の移植・草木の育成などを行っています。
 また、これらの活動を通して、常時「道具の使い方教室」が開かれており、ノコギリやナタ・カマなどの使い方を習得することが出来ます。

挿し木で増やしたアジサイ

竹林の手入れ

雑木林の間伐作業

                                           
保全・田畑部会
(田畑作業)
里山の景観とマッチした田・畑を作り、収穫の喜びを体験します。  

■月例活動 : 第1土曜日13時〜16時
■平日活動 : 毎週火曜・木曜9時〜16時にも作業日があります。
 田や畑は里山の景観をつくりだす要素の一つとなっております。 
 中央公園の山は竹林による雑木林の侵食によって保水力が低下し恒常的な水の確保は困難な状況ですが、水を循環させる仕組みを作り、小さな田んぼで稲を育てています。 畑では秋、堆肥を漉き込みレンゲソウの種をまき、翌年の春を待ちます。平成19年は、ジャガイモ・サツマイモ・サトイモの3種類の芋を植え付け、豊作でした。 その他、里山の景観にふさわしい作物を作り続けています。
 田畑仕事は初めての人が殆どで、試行錯誤の連続ですが、稲は脱穀・精米の後お正月のイベントで餅つきをしました。 畑の恵みはジャガイモまつりや里山まつりなどの収穫祭を通して、市民の方々と収穫の喜びを分かち合い、さらに、翌年に向けての田畑つくりに取り組んでおります。

ジャガイモ植え付け

サツマイモ掘り

田植え風景

    
炭焼き部会 都会の中の公園で間伐した竹や木を、炭にしてリサイクルしています。

■第2土曜日に窯入れ。 第3土曜日に炭焼本番、朝8時頃着火して夕方まで続きます。 
■第4土曜日に窯だし。

 保全活動を通して出される雑木や竹の間伐材を公園内でリサイクルする手段の一つとして、炭焼き活動を行っております。 
 出来上がった炭は公園内の水の浄化・消臭・畑の活性剤などに活用されております。 また、作られた炭や竹酢液は一般の方にもお分けしております。
 公園内には多様な目的に対応出来る「ばじょうじょうじ谷戸窯」と大量な炭焼きが可能な「宮谷戸窯」の2ヶ所の炭焼施設があります。
 排煙処理は都会での炭焼にとって解決すべき大きな問題です。炭焼部会では様々な方式を試した後、「2次燃焼方式」による無臭無煙の炭焼を実現しました。
 より良質な炭を作る努力を日々続けております。

宮谷戸窯の全景

焼き上げた竹炭の前で
*竹炭の簡易製炭法

    
調査観察部会 公園内の動物等の調査と記録、各種観察会の開催及び公園の自然環境の保全・保護の為の指針の立案及びより多くの方々に自然保護の大切さを知って頂くための色々な活動を行っております。

■各種観察会は都筑中央公園の素晴らしさとこの自然を守ってゆくことの大切さをより多くの方々に知って頂く為に、夫々の生物の観察に一番好ましいと思われる時期に開催しております。
 都筑中央公園には多種多様な生き物が生息・生育しております。
 これらの生き物の姿を調査・記録してゆくことは公園の貴重な自然環境を守り続ける重要な活動の一つです。
 より多くの方々に自然の素晴らしさを体感していただき、持続的社会、自然との共存、生物多様性、更に命の重さを理解して頂くお手伝いができたらと思っております。

キノコの同定作業

野鳥観察会

昆虫観察会
      

 親子自然体験部会 小学生とその保護者が公園で里山体験をします。

■原則第3日曜日に行います。詳しくはスケジュールをごらんください。
■この他、ジュニアくらぶの活動もあります。 

 里山の豊かさを次の世代に伝えていくことは、とても重要なことだと考えております。こども達は自然と親しみ様々な里山遊びを経験しながら、必要な道具の使い方を学びます。
 今までに開催された行事は、竹とんぼ/竹細工作り/ピザ焼き/竹林の手入れ/草刈/落ち葉かき/炭焼き体験/クリスマスリース作り/草木染め体験/紙すき体験など多彩です。
 これらの行事の中で団体行動でのルールや動植物の種類、火の扱い方・ノコギリやカマの使い方などを学習してまいりました。
 部会のサブセットとして、「ジュニアくらぶ」も併設され、親子による行事企画も用意しております。

ピザやき

竹林の手入れ体験

クリスマスリース作り

 

公開行事 里山の自然を体験してもらう活動をしてます。

■詳しくはスケジュールをごらんください。
 里山倶楽部の全行事にはボランティア登録者以外の一般市民の方も参加することが出来ますが、公開行事は一般市民の方々が参加しやすいイベントを企画し、運営を行っております。
 秋に開催される「里山まつり」では、里山の畑で収穫された野菜などを調理した里山ナベや餅つきを楽しんだり、野外コンサートに酔いしれたり、里山での1日を堪能します。 その他、春のタケノコまつりや5月のバラまつり、初夏のジャガイモまつり、旧暦の七夕祭りなど多くの人々が楽しめるイベントを数多く開催しております。 市民の皆様の参加を心よりお待ちしております。
 また、横浜公園で開催されるスプリングフェア、都筑区が主催する区民まつり、都筑人交流フェスタなどへの出展や小学校の工作支援、放課後教室での竹細工サポートなど他の団体との行事にも協力して参ります。

ジャガイモまつりでの試食会

里山まつり風景

タケノコ掘り開始前


  目次へ